賃貸コミュニティ

賃貸物件に住む上でのマナー

賃貸物件に住む上でのマナーについて守らないと程度がひどい場合には退去を命じられる事もあり、他の入居者への迷惑にもなるので快適に過ごす為にも守るべきでしょう。 賃貸契約をする上で契約書をもらいますが、その際に守るべき事項が載っているので契約前に確認をして不明な点は契約前に確認する事で聞いていなかった事を防ぎ、トラブルを回避できます。特に多くの賃貸物件で見られる騒音、ゴミ出しや共有部分に私物を置かない等のマナーにおいては常識の範囲で持ち合わせている事が多いですが、物件特有のマナーや決まりごとがある場合には特に注意しておきます。 物件特有の決まりごとやマナーとしては例として景観を大事にする物件であればベランダの使用が制限される事があります。ベランダの柵に布団を干したり洗濯物が見えたりする事で物件の価値自体を損ねるとして入居者にベランダから物が見えないように決められている物件もあります。また、ベランダや敷地内の煙草の喫煙も他の入居者にとっては洗濯物に臭いがついたりする場合があるので使用を遠慮してもらうケースもあります。 マナーや決まりごとがある事で入居者にとっては制限がかかって住みにくいと感じるのであればその人にとって向いていない物件と言えます。

 

賃貸を探す際は現地で建物を見よう

賃貸物件を探す場合は、ネットで希望する地域や間取りを入力して賃貸情報を検索したり、街の不動産屋に行って物件を紹介してもらうことになるでしょう。いい間取りで駅からの距離も近い、日当たりもいい、早く契約しないと他の人が契約してしまうかもしれないという物件であれば、話しを聞いただけで決めてしまいたくなるかもしれません。 しかし、そういった物件でもぐっとこらえて現地で建物を確認する必要があります。実際に現地に行くことによって見えてくるとこがたくさんあるのです。 例えば、物件の前にあるゴミ収集スペースがあまり掃除されていなくて汚い、共用の廊下の部分は住人の荷物で雑然としているといったことに気付くこともあります。また、時間帯を変えて現地に行ってみることによって近くの建物の影響で日影になる時間が意外と多い、昼間は静かそうな場所に感じたにもかからず朝晩は通勤の車などの騒音がひどいということを発見するケースもあるでしょう。賃貸物件は気に入らなければ住み換えるということも比較的簡単ですが、支払った礼金は戻ってきませんし解約時に余分な家賃を支払うことにも繋がりますので、しっかり現地を見てから契約をすることが大事でしょう。

 

トピックス



>関連サイト紹介