賃貸コミュニティ

敷金・礼金が必要な場合

日本には日本独自の賃貸文化があります。敷金や礼金というのがそれで、これは他の国ではあまり見られないシステムです。他の国では保証金を取る事が多いのですが、敷金礼金システムはない場合がほとんどです。逆に日本では実は保証金システムを採用している物件は数が少ないです。ただし、敷金はその性質から保証金と同じような扱いがされる場合があります。 敷金というのは、入居時に大家さんに預けておくお金のことを指します。これは、部屋をきれいに使ったときには退去時に全額返還してもらえるお金です。ただし、部屋に傷をつけたりした場合には、その中から修繕費を出すことになります。東京では退去時にクリーニング代を請求されますが、主に敷金の中から支払うことになります。 一方の礼金というのは、完全に大家さんへのお礼のお金ということで、これは退去時にも一切返ってくることがありません。部屋を貸してくれてありがとうございますという意味を込めて払うもので、完全に習慣に基づいています。法律的には何の根拠もないお金なので、これが必要ないという地域も多いです。UR賃貸や公営住宅などでは、礼金がゼロなのが一般的です。 近年はこの両方がゼロだという物件も多くなっています。

 

トピックス



関連サイト紹介